邦ロック好きの2人が運営する音楽ウェブマガジン

メロリアン

J-ROCK

銀杏BOYZ日本武道館公演オープン前アクト出演の犬人間ニョンズを紹介したい

投稿日:2019年1月15日 更新日:

銀杏BOYZによる日本武道館公演、「世界がひとつになりませんように」

また粋なタイトルですよね。銀杏BOYZのBABY BABYを生で聴くと理由の分からない涙が溢れてくる私としても、銀杏BOYZに焦点をあてようと考えたが今回は違う。

その銀杏BOYZの日本武道館公演にてオープン前アクトを担う犬人間ニョンズに今回は焦点をあてていきたい。

何というか、銀杏BOYZを自身らのライブに呼ぶことに命をかけている。
そんなファンキーなバンドです。それではどうぞ。

憧れの人を呼びたい

別にライブではなくとも、結婚式や学園祭など様々な場面で一度は思ったことはないだろうか?

その願いが叶う叶わないは別にして、本気で実現させようとしているバンドがいる。それが犬人間ニョンズ。

正直、人気や知名度などを考えると現段階で犬人間ニョンズが銀杏BOYZをゲストとして呼ぶのは非常に困難。

両バンドをご存知でない方にはあまりピンとこない難易度だろうが、特別なコネでもない限り現状は厳しいと思う。

 

しかし、犬人間ニョンズは本気だ。
銀杏BOYZをゲストとして呼ぶことに命をかけている。

この願いが実現することを当サイトとしても切に願う。

 

犬人間ニョンズというバンド

犬人間ニョンズというバンドをご存知だろうか?

彼らが犬人間ニョンズ。

よくもまぁこれ程色の違う4人が集まったことだろう。

学生時代、同じクラスにこの4人がいたならまず同じグループに属していないであろう違和感。

楽器を所持していない彼らを街中で見かけたなら、二度見をして、「何の集まり?」とクエスチョンマークが頭にうかぶことだろう。

そんな4人が一体となり曲を生み出す。音楽とは素晴らしい。

犬人間ニョンズが作り出す曲はどうやら銀杏BOYZに強い影響を受けているらしい。

なるほど。

曲を聴いてみるとそんな匂いがプンプンする。この料理の隠し味には間違いなく銀杏BOYZが入っている。

自分で言っておいてなんだけど、隠し味って何なんだろうね?
本当に隠れてるなら意味がない気がするし、隠れず料理を引き立ててるなら普通に具材や調味料になる気がするし。
うん、まぁどうでもいいか。

あれ?

忌野・・・清志郎様??

なぜだか一瞬そんな匂いもした。多分歌い方かな。

犬人間ニョンズの曲を聴くと、まだ新しいバンドのはずなのになんだかとても懐かしい気持ちになる。

銀杏BOYZ日本武道館公演オープン前アクト

画像の文面を見ても分かる通り、銀杏BOYZへのメッセージ性がすごい。

犬人間ニョンズのメンバーがみんな、峯田さんに向かって「分かってるよ・・・な?」と訴えている顔に私には見える。

 

そんな彼らが日本武道館道すがらステージにてオープン前アクトを担う。
憧れの銀杏BOYZのステージ本番前にしっかりと会場の士気を上げてくれるというわけだ。

 

もちろん今回に限らず、銀杏BOYZの公演があればゲリラライブやビラ配りなど度々現れる予定らしい。

一歩間違えればストーカーレベル。

少なくとも銀杏BOYZの追っかけファンからは、「あの人ら毎回いるよね?」と認知されることだろう。

しかし、それ程本気ということだ。
でもまあ何て言うか、若いっていいな。

 

当日の様子(※2019年1月19日追記)

こちらが1月15日当日の様子。

とりあえず、寒くねえのか?いや、言わなくたって分かる。この季節に路上ライブを経験済みの私には言わなくたって分かるよ。でも憧れの銀杏BOYZのオープン前アクト、心は誰よりも燃えてたよな?

トクラが使ってるこの黒いアンプ。私が昔路上演奏で使ってたのと多分同じだ。もう使わなくなったので楽器店に売ったけど。確か4000円買取だった。

 

相変わらず服装の統一感がない。ギターのアライアンに至っては多分時代を間違えてる。

この日、犬人間ニョンズは銀杏BOYZのカバーをやらなかった。
おそらく観客のうけはその方があったろうに全て自身らのオリジナルで勝負した。それが最高にかっこいい。

いつか必ず銀杏BOYZをゲストに呼んでくれよ。大丈夫、きっと叶うさ。

突っ走れ、犬人間ニョンズ。

-J-ROCK

Copyright© メロリアン , 2019 All Rights Reserved.