邦ロック好きの2人が運営する音楽ウェブマガジン

メロリアン

RADWIMPS

RADWIMPSが地上波初となるMステの舞台で前前前世を披露!

更新日:

RADWIMPSMステ
(出典:音オタ
 
ついにRADWIMPS(ラッドウィンプス)がミュージックステーション(Mステ)の舞台に姿を現しましたね!
 
地上波では初となる出演です!
 
長年RADWIMPSを愛していたファンの方にとってはもはや事件です。
 
 
ドキュメンタリー映画の公開やファンクラブ設立など活動の幅を急激に広げていたので、いつかはこんな日がくるのではないかと思っていましたが、いざきてみると不思議な感じです。
 
 
長年地上波での出演はなかったので、今回のMステ出演はファンにとってはおそらく賛否両論となったのではないでしょうか。
 
 

前前前世の曲紹介

 

 
Mステでの地上波初となる演奏に加え、映画「君の名は。」の主題歌に使われるなど曲の知名度がうなぎのぼりに上昇している前前前世。
 
 
この曲をきっかけにRADWIMPSの存在を知ったという方も多いと思います。
 
 
非常に爽快感のある曲ですよね!
 
この曲は、以前リリースされたアルバム「君の名は。」にも収録されています。
 
 
このアルバムを簡単に説明すると、映画(君の名は。)のサントラのようなものです。
なので歌詞の付いている曲は4曲だけで他の23曲は伴奏だけの作品となっています。
 
 
《「君の名は。」トラックリスト》
 
1.夢灯籠
2.三葉の通学
3.糸守高校
4.はじめての、東京
5.憧れカフェ
6.奥寺先輩のテーマ
7.ふたりの異変
8.前前前世 (movie ver.)
9.御神体
10.デート
11.秋祭り
12.記憶を呼び起こす瀧
13.飛騨探訪
14.消えた町
15.図書館
16.旅館の夜
17.御神体へ再び
18.口噛み酒トリップ
19.作戦会議
20.町長説得
21.三葉のテーマ
22.見えないふたり
23.かたわれ時
24.スパークル (movie ver.)
25.デート2
26.なんでもないや (movie edit.)
27.なんでもないや (movie ver.)
 
興味のある方は購入を検討してみてはいかがでしょうか!!
 

ツインドラムでの演奏!?

番組の方でもきちんと紹介はされていたのですが、今回のMステにはRADWIMPSのドラム担当である山口智史が出場していません。
 
 
前前前世のMVでも登場していないので、あれ?と思われた方もいるかもしれません。
 
 
ファンの方はご存知の方が多いと思いますが、山口は持病の神経症の悪化により2015年の9月から無期限の休養に入られています。
詳しくは公式ホームページなどにも記載されています。
 
 
以降はサポートとしてドラマーの森瑞希が担当をされています。
 
なので今回も森がドラムを担当するかと思いきやまさかのツインドラムで驚きましたね!!
 
 
噂ではドラムを1人にすると、この4人でRADWIMPSだと勘違いされる可能性があるのでツインドラムにしたのだとか。
 
 
少し映像が暗かったせいもあり確証はもてませんが、このツインドラムを担当されたのは森瑞希と畑利樹(刃田綴色)の2人だと思われます。
 
 
地上波初ということもあり、フルメンバーでの出場を見れなかったことは残念に思いますが、非常に迫力のある演奏だったと思います。
 
 

最後に

 
冒頭でも言った通り、今回のMステ出演に対するファンの意見は賛否両論といった感じのようです。
 
 
どちらかといえば嬉しい!といった肯定派の意見が多い印象ではありました。
 
管理人個人としては、嬉しいような悲しいような複雑な感情です。
 
 
活動の幅を広げ、これから先さらなる飛躍とともに新しいRADWIMPSを見れる期待や嬉しさもあれば、その反面多くの人にRADWIMPSの存在が知れ渡り、何かさらに遠い存在になってしまいそうな嫉妬のような気持ちもあります。
 
 
先日このようなひそひそ話が管理人の耳にとびこんできました。
 
「RADWIMPSの曲で初めて良い曲だと思った」
 
この曲とはMステで披露された前前前世のことを言ったものです。
 
 
いやいやいや!ちょっと待った!
確かに前前前世は良い曲だ!
それは認める!
でも本当に他の曲も聴いたのか!?
1度でもアルバムを通して聴いたことがあるのか!?
有名とされる数曲を聴いただけではないのか!?
 
 
と、長年ファンをしてきた気持ちが溢れそうになりましたが、そこはぐっと気持ちを抑えました。
 
なんとなくでも気持ちを分かっていただけたら幸いです。

-RADWIMPS

Copyright© メロリアン , 2017 All Rights Reserved.